« 症例発表会 | トップページ | 小尻をつくろう »

ロコモティブシンドローム

エルクレスト代々木上原店の
大石です


以前のブログに


『鳥越俊太郎肉体改造計画』

のことを書きました


BS朝日、医療の現場の放送日

パワープレートが

ばっちり登場するかと
思っていたので

残念

(>_<)


BS朝日テレビテキスト

医療の現場
には

鳥越俊太郎さんが

秘密兵器
と称して 真剣にのっている姿がありましたよ
(^.^)b


鳥越俊太郎さんが

感じていた
ロコモティブシンドロームの諸症状

だからこそ 今回の肉体改造で

[脱ロコモ]に挑戦した
鳥越さん

ロコモティブシンドロームって

最近よく聞きますよね


日本語に訳すと

『運動器症候群』


骨、間接、筋肉などの機能が

低下して


要介護や

寝たきりになっている状態


または、そのリスクが高い状態のことを

言うらしいです


ロコモーションチェック

というのがあり


1つでも あてはまると

ロコモの心配があるとか


①片足立ちで靴下がはけない


②家の中で、つまずいたり、滑ったりする


③横断歩道を青信号で渡りきれない


④階段をのぼるのに手すりが必要


⑤15分位、続けて歩けない


⑥2キログラム程度の買い物をして持ちかえるのが困難


⑦家のやや重い仕事が困難

これは、気付きにくい運動器の衰えを

おしえてくれる

7つの典型的な症状らしいです


通常30代をピークに

下がっていく運動器

早いうちから

ゆっくり継続することが
とっても大切とか


この番組をみて

自分もがんばってみよう
と思った方も多いかと思います

大切な体

しっかりケアしたいですね


大石も パワープレートで

肉体改造がんばります

今日も最後までお読みくださり

ありがとうございました

エンビロンWEB講座

エルクレスト代々木上原店携帯サイトはこちらから
サロンをのぞいて下さいね♪

|

« 症例発表会 | トップページ | 小尻をつくろう »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロコモティブシンドローム:

« 症例発表会 | トップページ | 小尻をつくろう »